Loading...

スケルトンボディがかっこいいMAC向けの外付けストレージケースOWC Mercury On-The-Go

スケルトンボディでかっこいいMACユーザー向けの外付けストレージケースOWC Mercury On-The-Goをご紹介します。SSDやHDDなしの外付けケースです。2.5インチのSSDやHDDを設置できます。


今回ご紹介するタイプは2種類ありまして、FireWire 800+USB3.0対応の「MSTG800U3K」と、USB3.0のみ対応の「MOTGS3U3」です。対応コネクタの違いのみです。

速度を最大限に引き出したり、デイジーチェーンで使うには、オプションのAC電源が必要です。もし市販品でAC電源を探される場合は、外径3.4mm、内径1.3mmぐらいのコネクタなら装着できるかもしれません。コネクタが細く特殊です。

ページ最後にオプション品として純正品も簡単に紹介しています。

パッケージは同じような感じです。


FireWire 800+USB3.0対応の「MSTG800U3K」のコネクタはこんな感じ。


USB3.0のみ対応の「MOTGS3U3」のコネクタはこんな感じです。


コネクタ以外はほとんど同じですので、上位機種であるFireWire 800+USB3.0対応の「MSTG800U3K」を中心に紹介してゆきます。付属品はなかなか豊富です。


まずねじ類。写真だとほとんど見えないのですが、シリコンのゴム足も不足しています。


USB3.0ケーブル。長さは46cmです。


たぶん合皮のポーチ。


中にFireWireケーブルが入っていました。「MSTG800U3K」のみの付属品ですね。


ポーチは2層になっています。


ケーブルと本体を分けて入れられます。


スケルトンボディは、なかなか綺麗です。上品なスケルトンデザインです。


裏面には、アルミのヒートシンクが設置されています。




2.5インチのSSDを設置してみたいと思います。基板を引き出します。


コネクタを合わせてSSDを設置します。



付属のネジで固定します。



次にアルミを引き出します。


スケルトンボディは排熱を高めるために、アルミ部分が気に抜いてあります。


先ほどのSSDを設置した基板にアルミ板をネジで固定します。


元のクリアケースに戻します。


最後にネジで固定して完成です。


ちゃんとネジ部分には、シリコンのワッシャーみたいなゴムが挟まっています。


最後にコネクタ部分のフタをして、ネジで止めて完成です。


ゴム足も装着しましょう。


ポーチ付きがうれしいスケルトンタイプの外付けストレージができました。




スケルトンケースって意外とかっこよい?と思ったらいかがでしょうか。

動画


お買い求め先

OWC OWCMSTG800U3K USB3.0&FireWire800対応の2.5インチ用の外付ストレージケース
OWC OWCMOTGS3U3 USB3.0対応の2.5インチ用の外付ストレージケース

オプションのACケーブルもあります。各種安全認証付きなので安心です。




OWC OWCMOTGS3U3/OWCMSTG800U3K 専用のオプションAC電源 OWCMOTGPWR


以上です。もっとこの関連の記事を読みたい人は、いいね!をして頂けると追加の記事を書きます!最後までお読み頂きありがとうございます。最新記事はFacebook上でも紹介しています。

レビュー 4273902115906518134
ホーム item

媒体資料&レビュー依頼

媒体資料&レビュー依頼
ゆるい媒体ですので、お気軽にレビュー依頼してください。

更新記事のフォローはこちら


あなたにオススメ記事

主要カテゴリ

レビュー (177) 雑貨 (88) iPhone (78) Mac (19) Webサービス (16) まとめ (12) iPad (6) kindle (4)

はてなで人気記事

TWITTER