Loading...

スマートフォンやpocketWifi等に最適な補助バッテリー


四角がカッコイイINCIPIO社のpocketWifi等に最適な補助バッテリー PW-110 をレビューします。充電用の付属ケーブルがmicro USB、mini USBのみです。pocketWifi等やスマートフォン専用の補助バッテリーと言えますね。


特徴は
・丸型デザインではなく四角なのがカッコイイ
・3000mAhと比較的容量が大きい
・iPadへも充電できた(別売り充電ケーブル利用)
・USB、micro USB、mini USB対応機器に充電できるのが嬉しい
・ボタン一つで簡単操作

残念なところは
・本体への充電はUSB充電のみ、AC充電にも対応して欲しかった

まず大きさですが、手のひらより大きく、手で握るサイズです。重さは100g!


本体には、MicroUSBコネクタ(入力用)とUSBコネクタ(出力用)の2つのコネクタがあります。


使い方は、対応ケーブルをUSBコネクタに接続して、次に充電したい機器に接続して、充電開始ボタンを押せば、充電が開始されます。





最近のスマートフォンはほとんどMicroUSBコネクタなので、MicroUSBへ充電できれば概ねよろしいのではないでしょうか。USB出力なので、USBケーブル(例えばDockケーブルなど)の充電ケーブルがあれば、大概の機器に充電できます。


ボタンは容量確認ボタンも兼ねています。ボタンを押すと、残量の確認ができます。


バッテリー本体へ充電するときは、本体のMicroUSBコネクタにケーブルを挿して、パソコンなどのUSBコネクタに接続すれば、充電が開始されます。



さて3000mAhとそこそこ容量も大きく、出力も5Vあるので、iPadへ充電できるんじゃないかと考えテストしてみました。もちろん動作を保証するモノでは無く、場合によっては機器を破損してしまう恐れもあります。ご利用は計画的にお願いします。

ただ5Vの出力(USBの出力)なので、USBの疑似出力みたいなモノだと思いますので、問題ないんじゃないかと思います。機器によって相性はあるかもしれません。

iPadを何パーセント充電できるかテストしました。


充電前はiPadバッテリー残量64%です。


充電後は(1時間30分充電)のiPadバッテリー残量81%です。
なかなか使えますね!


バッテリーの残量はおよそ2/5。



スマートフォン、pocketWifi、iPadに充電できれば、なかなか便利なバッテリーですね。

追記:IP-647というDockケーブル付属のバッテリーもありました。
ケーブルの付属違いみたいですね。そっちの方が良いですね~。
オススメはそちらということで。


・PW-110(micro USBコネクタ、mini USBコネクタ採用版)
http://www.links.co.jp/item/pw-110/

・IP-647(Dockコネクタ、micro USBコネクタ採用版)
http://www.links.co.jp/item/ip-647/
以上です。もっとこの関連の記事を読みたい人は、いいね!をして頂けると追加の記事を書きます!最後までお読み頂きありがとうございます。最新記事はFacebook上でも紹介しています。

雑貨 577699076991238596
ホーム item

媒体資料&レビュー依頼

媒体資料&レビュー依頼
ゆるい媒体ですので、お気軽にレビュー依頼してください。

更新記事のフォローはこちら


あなたにオススメ記事

主要カテゴリ

レビュー (176) 雑貨 (87) iPhone (78) Mac (19) Webサービス (16) まとめ (12) iPad (6) kindle (4)

はてなで人気記事

TWITTER